通販販売チラシに重要なこと!カギを握る印刷会社の担当する者!

ある食品の通信販売会社から、

ダイレクトメールチラシの

ご相談の電話があり、

翌日訪問しました。

 

社長さんと挨拶を交わした後、

社長さんが悩んでいらっしゃることを

色々とお話しくださいました。

 

要約すると

長年同じようなチラシの作り方で

ダイレクトメールを同じ要領と内容(同封するもの)で

送っていたそうです。

 

しかし、

ダイレクトメールを送るお客様の数が

年々徐々に減り続け、

 

発送するダイレクトメールの数に対するご注文の割合も

年々下がり続けていることを

悩んでいらっしゃいました。

嗜好加工食品の販売が目的のダイレクトメール用通販チラシ作り!

今回のダイレクトメール用通販チラシは、

商品をカタログのように載せ、

お得意様へ送り、

ご注文をいただくことが目的の

A3両面カラー印刷で二つ折りのチラシです。

通販チラシは見る人の立場に立って作ること必須!

店舗販売でも、

商品の見せ方には

色々と工夫をして

気配りをしています。

 

それは、

商品は見せ方や演出によって

魅力や価値が変わるからです。

 

ダイレクトメール用通販チラシも

やはり同じで、

魅力的に見せる写真や、

価値の伝わる「言葉」や「文章」が

重要な役割りを果たします。

お客様にも段階があり書き出しの挨拶文は変わる!

ダイレクトメールを

「お得意様」に発送するというものであれば、

 

「お得意様へ」

「特別なお客様へ」

 

が感じられるダイレクトメールの内容に

なっていることです。

 

その内容がどこにでもあるような、

ありきたりの文章のだと、

 

「お得意様へ」

「特別なお客様へ」

 

という文字があっても、

 

「口先だけ」

「見え透いたお世辞」

 

と見透(みす)かされてしまうのです。

特別なお客様? たまたま一回買っただけよ …

そのように思われたら、

今後ダイレクトメールを送って届いても、

あなたから送られて来たダイレクトメートと分れば

封を開けることなく

確実にゴミ箱行きとなります。

 

本来ならここで、

 

「お客様との人間関係の構築」

 

ということについても

解説しなければいけないところですが、

チラシとは話題が違いますので、

このブログ記事では割愛します。

ダイレクトメール用通販チラシとは!

今回のダイレクトメール用通販チラシの目的は、

 

一度でもご購入いただいたお客様に送り、

掲載する商品をいかに魅力的に見せ、

一件でも多くのご注文を頂くことが目的です。

 

普通の販売チラシや集客チラシとは

見る人(ターゲット)が違い、

ハッキリとしています。

 

このダイレクトメール用通販チラシの目的を

果たすためには、

 

果たせるチラシの作り方をしなければなりません。

 

目的を果たせるチラシ作り? 何よそれ…

 

それには、

それぞれの専門家(職人)の技術や知識を必要とします。

 

それはおもに、

 

  • コピーライター(目を引く言葉や魅力的で分りやすい文章)
  • デザイナー(商品とコピーライターの考えた言葉や文章をいかにして表現したら分りやすく読みやすく訴求力を持たせるか)
  • カメラマン(場合によってですが食品なら必須)
  • お客様を担当する者の知識と実力

 

の四つです。

営業マン又はあなたを担当する者でチラシの出来は決まる!

この中でも、

お客様を担当する者の知識と実力の有無は、

目的を果たせるチラシが作れるか否かを

決めてしまうのです。

 

なぜか?

それぞれの専門家とお客様の

仲立ちをするからですが、

 

最悪の場合、

デザイナーだけは

言葉として知っていますが、

 

デザイナーの仕事とは何かを

 

カッコいいデザイン

かわいいデザイン

立派なデザイン

オシャレなデザイン

 

などを作ることと考えている人が多く、

本来の

 

「デザインの役割」

 

を 知っている人はとても少なく、

 

また、

他の専門家のやることと必要性を

全く理解していない営業マンも

多くいるのです。

 

もし、

このような営業マンや担当者が

あなたを担当すれば、

お客様の望むチラシを

正確に理解できることはできませんから、

 

それぞれの専門家に

的を得たことを正確に伝えることが

できるわけがありませんし、

 

専門家の言っていることやアドバイスを

理解することもできなければ、

噛み砕いでお客様に説明することも

できないのです!

 

したがって、

それぞれの専門家に適切な指示もできず、

 

お客様と専門家の

まともな仲立ちが

できるわけがないのです。

印刷会社の営業マンに不信感を抱く

この人 私の言っていることが分っているのかしら?

大手や大企業をお客様としている

印刷会社は除きますが、

 

一般の印刷所の営業マンは

印刷物の注文をとることが

仕事ですので、

チラシとはどのようなものなのかの

知識がないのが普通なのです。

 

そこで、

冷静に考えてみてください。

 

チラシ作りのイロハを知っている担当者と

チラシという印刷物の注文をとることが仕事の営業マンに

目的のあるチラシの見積書を依頼した場合に、

同じ金額の見積りになると思いますか?

 

なるわけがありません!

絶対に!

 

なぜかというと、

頭に描いているチラシの作りが違うからです。

 

が、

お客様もチラシ作りに関しては素人ですから、

見積りの金額で判断することになるのです。

 

チラシという印刷物とチラシの役割を持った印刷物の違い!

と言うことは、

印刷所を決めた理由は

 

「チラシという印刷物の見積りの金額が安いから」

 

で あって、

 

「目的を果たせるチラシを作ることができるから」

 

ではないのです。

そういうこと誰も教えてくれないものね…

どのようなチラシができて、

どのような結果になるのか?

 

違いは

容易に想像がつくと思います。

 

チラシを見る人には、

売り手の事情には

全く関心がありません。

 

送られてきたダイレクトメール用通販チラシを見て

感じた結果の行動をするだけです!

 

もし、

あなたがお客様の立場であれば、

 

売主の諸事情を思いやって、

 

努力をしてお金をかけて通販チラシを作り、

せっかく送ってきたのだから

何かひとつでも買ってやらないと・・・

 

と、

思いますか?

 

以上

まずは挨拶 ご相談から!

はじめまして 新井です!
はじめまして 新井です!
宣伝広告のこと、ホームページのこと、看板のことも分かりますので、お聞き下さい。
チラシ ブログ

 ページ:30.04.21.更新

ページ:30.10.24.追加

 トピックス動画

:30.10.08.追加 

見 本:27.10.10.追加

【営業時間】

・年中無休

 お盆.年末年始.GWを除く

・電話受付時間

 AM 9:00 ~ PM 8:00

チラシアシスタントの新井
チラシアシスタント

他 承りメニュー

各種印刷物のホームページです
ホームページ作成のページです
各種看板・ウインド広告のホームページです
弊社の総合案内サイトです
弊社の総合案内サイトです
中小零細企業.個人事業者向
中小零細企業.個人事業者向

設定1:28.09.04.更新

設定2:28.09.04.更新

29.03.Proに変更