チラシを作る その7.集客チラシを配布する地域(範囲)と方法の選定

チラシの配布する地域(範囲)は、

先ずはテストマーケティングをするか、

いきなり商圏全域に配布するかで変わります。

チラシの訴求力の確認(テストマーケティング)

商圏全体に多くのチラシをまく前に、

できたチラシに

 

「訴求力」

 

があるかどうか、

反応があるかどうかの確認

 

「テストマーケティング」

 

をします。

集客チラシのポスティング
店主さんとスタッフさんでポスティング!

チラシで宣伝する商品やサービスと、

地域特性を考慮して、

1,000枚~3,000枚配れる地域(範囲)を決め、

一週間空けて3回配布します。

 

チラシの枚数は、

 

1,000枚~3,000枚(一回に配布する枚数)×3回

 

となります。

 

その3回配布した結果を分析して

チラシの小さな修正と改善をし、

再度同じ地域に

一週間空けて3回配布します。

 

この作業は、

一回のテスト(週一を3回)で

 

1件以上の反響のとれるまで繰り返します。

 

そして、

1件以上の反響のとれることが確認できたら、

商圏全体にチラシを配布します。

 

ですが、

時には、

一回のテストで1件も反響が取れないこともあります。

 

その場合には、

集客チラシを根本的に見直すことが必要になります。

商圏全体(広域)に配布する

商圏全体に配布する場合は、

新聞折り込みで配布することが前提となります。

 

チラシの新聞折り込み業者の存在

先ずは、

チラシを配布する地域に、

新聞折込みの対象となる世帯数を把握しなければなりません。

 

新聞に折り込む手配をする業者に連絡し、

営業の人に来てもらい、

 

資料に基づいて世帯数を把握します。

チラシを新聞織り込みする利点
新聞折込なら集合住宅でも確実に配布できます

折り込む新聞は

新聞社によって地域わけ範囲が違いますので、

しっかりと新聞折り込み業者と

念入りに相談をして総世帯数を算出します。

 

算出したこの総世帯数に、

ポスティングする予定があればそれを加えた数が

印刷発注枚数になるわけです。

 

今回の「チラシを作る」シリーズは

これで完結です。

コメント: 0

まずは挨拶 ご相談から!

はじめまして 新井です!
はじめまして 新井です!
宣伝広告のこと、ホームページのこと、看板のことも分かりますので、お聞き下さい。
チラシ ブログ

 

ページ:30.04.21.更新

ページ:29.08.27.追加

 トピックス動画

:29.10.09.追加 

見 本:27.10.10.追加

【営業時間】

・年中無休

 お盆.年末年始.GWを除く

・電話受付時間

 AM 9:00 ~ PM 8:00

チラシアシスタントの新井
チラシアシスタント

他 承りメニュー

各種印刷物のホームページです
ホームページ作成のページです
各種看板・ウインド広告のホームページです
弊社の総合案内サイトです
弊社の総合案内サイトです
中小零細企業.個人事業者向
中小零細企業.個人事業者向

設定1:28.09.04.更新

設定2:28.09.04.更新

29.03.Proに変更