集客チラシの反応率反響率を決める4つの要因その3 同業他者の把握

集客チラシの反応率反響率を決める4つの要因

その3 競合する相手の把握

商圏内の同業他者の把握

同業他者がいないことが理想ですが、

現代では、

特許権を持った商品やサービスでもない限り不可能なことです。

 

特に美容院や整体整骨やサロン店や歯科医院は、

 

競争の激化が右肩上がりに進むばかりです。

競合相手と争わないチラシ作り

同業他者は競合することになるわけですから、

競合する相手のことが分らなければ

商圏であなたに合った販売戦略が

立てられないということになります。

 

競合する相手がもし

あなたのことを分析した販売戦略を

立てていているにもかかわらず、

 

あなたが

競合する相手を分析した販売戦略を立てていなかったとしたら?

結果は明らかです。

 

経営に携わる者ならば誰でも分かります。

 

ある人が

 

「同業者が複数あれば、相乗効果で人が集まる」

 

と語っていましたが、

 

「バカ言ってるんじゃない、ショッピングモールとは違うんだ」

 

と私は腹が立ちました。

 

同業者が少なければ少ないほど、

あなたの商品やサービスを利用する人が

多くなることは子供でも分ることです。

同業他者の分析とは

同業他者の分析は大きく分類して三つあります。

商圏の同業他者の数の把握

ひとつ目は、

商圏内に競合する相手がいくつ存在しているかです。

 

商圏内の見込み客(ターゲット)となりうる人は

よほどの地域の住環境変化がない限り

ほぼ安定しています。

 

この潜在するターゲットを

あなたと、

あなたと競合する相手が

争奪合戦をすることになるわけですから、

競合する相手の数を把握することがとても大事です。

同業他者の実力

ふたつ目は、

競合相手の実力です。

 

この実力とは

  • 知名度
  • 人気
  • 評判
  • 営業年数

です。

 

この実力があると、

人が人を呼ぶように、

口コミが多く起こります。

同業他者の集客商材

みっつ目です。

競合する相手の集客商材

 

「宣伝広告やチラシで売り込んで集客する商品やサービス」

 

です。

 

これは、

あなたが集客チラシで

新しいお客様に来店してもらおうとした時に、

 

もし、

集客商材の商品やサービスと同じ競合する相手が

1つあるとすれば、

単純計算で来店する人は1/2になり、

お互いに競合相手となります。

 

あなたが競合する相手に負けない

絶対の自信があるならば

勝負に挑んでもいいのですが、

もし自信がなければ

痛み分けか惨敗です。

 

同業他者が集客商材として

宣伝広告している商品やサービスと

同じような商品やサービスを集客商材にしないで、

 

あなたの集客商材は、

  • 競合する相手にない(できない)
  • 競合する相手が宣伝をしていない
  • 競合する相手が力を入れていない

サービスや商品で

 

「○○○○○ならお任せ下さい」

 

の○○○○○を集客商材にすることをお薦めします。

 

あなたの商圏で安定した経営を望むならば、

競合する相手を作ることはできるだけ避けたほうがいいです。

 

つづく

コメント: 0

まずは挨拶 ご相談から!

はじめまして 新井です!
はじめまして 新井です!
宣伝広告のこと、ホームページのこと、看板のことも分かりますので、お聞き下さい。
チラシ ブログ

 

ページ:30.04.21.更新

ページ:29.08.27.追加

 トピックス動画

:29.10.09.追加 

見 本:27.10.10.追加

【営業時間】

・年中無休

 お盆.年末年始.GWを除く

・電話受付時間

 AM 9:00 ~ PM 8:00

チラシアシスタントの新井
チラシアシスタント

他 承りメニュー

各種印刷物のホームページです
ホームページ作成のページです
各種看板・ウインド広告のホームページです
弊社の総合案内サイトです
弊社の総合案内サイトです
中小零細企業.個人事業者向
中小零細企業.個人事業者向

設定1:28.09.04.更新

設定2:28.09.04.更新

29.03.Proに変更