商圏のリサーチ(市場調査)見込みとなる人(ターゲット)の潜在調査

集客チラシの反応率反響率を決める4つの要因

その2 潜在する見込み客といえる人の数

商圏に潜在する見込み客の割合

 

これは、

例えば、

50代以上のご高齢者世帯の多い地域と、

20~40代の世帯が多い地域に、

進学塾や子供カルチャースクールの

生徒募集のチラシを配布したとしたら、

チラシの反響率はどちらが高いと思いますか?

 

答えは明らかです。

20~40代の世帯が多い地域の方が、

反応率が高いということは容易に想像できます。

 

このように、

同じチラシであっても地域が変われば

チラシの反響率は変わります。

 

あなたのご商売で

扱っている商品やサービスの

見込み客(ターゲット)となる人が

どのくらいの割合で潜在しているのかを調査します。

商圏のリサーチ(市場調査)

このことを知るために行うのが

 

商圏のリサーチ(市場調査)

 

です。 

 

この作業は地道にコツコツと行うものですから、

最大の障害になるのが、

 

「めんどくさい」

 

という心です。

 

もし手を抜いてこの作業をやらないと、

商圏には少ない見込み対象(ターゲット)に向けての

的外れのチラシ作りをしてしまい、

反応反響が無いチラシになってしまいます。

 

この商圏のリサーチ(市場調査)は、

これからのご商売の戦略を決め、

全ての宣伝広告活動や集客活動が決まる

絶対に欠かせない作業だということを

肝(きも)に銘(めい)じてください。

増える整体院.整骨院.治療院
増え続ける健康サロン

商圏の地域性に合った商品やサービス

この商圏のリサーチ(市場調査)の結果、

見込み客(ターゲット)の

地域の中に潜在する割合の大小によって、

チラシに載せる商品やサービスを決めます。

 

もしリサーチの結果

 

ご商売で扱っている商品やサービスの

見込み客の対象となる人の割合が少なすぎて、

経営を継続するための売上が望めないということになれば、

商圏を見直すか、

事務所やお店を移転することが必要になってきます。

 

本来なら、

事務所や店舗の場所を選ぶ時にその地域で

ビジネスやご商売が成り立つかどうかの

リサーチ(市場調査)をしっかりと行うべきなのです。

 

そうじゃないと全てが

 

 いまさら・・・

 

に なります。

 

つづく

コメント: 0

まずは挨拶 ご相談から!

はじめまして 新井です!
はじめまして 新井です!
宣伝広告のこと、ホームページのこと、看板のことも分かりますので、お聞き下さい。
チラシ ブログ

 ページ:30.04.21.更新

ページ:30.10.17.追加

 トピックス動画

:30.10.08.追加 

見 本:27.10.10.追加

【営業時間】

・年中無休

 お盆.年末年始.GWを除く

・電話受付時間

 AM 9:00 ~ PM 8:00

チラシアシスタントの新井
チラシアシスタント

他 承りメニュー

各種印刷物のホームページです
ホームページ作成のページです
各種看板・ウインド広告のホームページです
弊社の総合案内サイトです
弊社の総合案内サイトです
中小零細企業.個人事業者向
中小零細企業.個人事業者向

設定1:28.09.04.更新

設定2:28.09.04.更新

29.03.Proに変更