集客チラシを見てご来店くださるお客様とは真剣勝負です

集客チラシを見て

ご来店下さるお客様とあなたは、

真剣勝負です。

チラシを見てご来店するお客様の動機

お客様は、

あなたの集客チラシを見て、

 

「良さそうだな、チョット行ってみるか」

「その金額なら一度試してみるか」

「その金額なら行かないと損だな」

 

と思い、

お店に行く動機となったわけです。

この動機は、

あなたのチラシを見て、

あることに魅力を感じ、

そのことに期待してご来店します。

探していたお店のチラシを見つけて期待する見込み客

このチラシのお店 良さそうね

一度行ってみようかしら・・・

あなたは、

このお客様の気持ちと真剣勝負をすることになります。

 

もし勝つことができれば、

 

思ったとおりのお店だったわ

またこよ・・・

 

再来店してくださることでしょう。

 

しかし負ければ、

 

何よ、

チラシほどのことじゃないじゃない

今行っている店の方がいいわよ

しょせんチラシ用の文句だったのね

 

と、

あなたと

あなたのお店に騙されたとうけとり、

二度とご来店くださることはないでしょう。

 

今は消費成熟社会

このてのことは

消費者はとても敏感です。

チラシの内容は事実が大前提

チラシを

 

「とりあえずチラシを作ろう」

「チラシでもまいてみるか」

 

の思いつきで

チラシを作った場合のことです。

 

集客チラシは見る人に、

 

「よそにはない魅力があるお店」

「よそとはここが違う」

「よそにはない価値のあるいい商品やサービス」

 

ということを思わせる内容になりますから、

あなたの考えやお店の実態が、

思いつきで作ったチラシ内容に

追いつかないことが多いのです。

 

そして、

 

なんだ

チラシに書いてあるほどのことじゃないじゃない

これじゃ過大広告よ

 

と 受けとめられてしまいます。

「チラシと違う」と不満を持つお客

チラシに書いてあることと違うじゃない!

こうなると、

あなたやあなたのお店の評判を悪くするために

お金をかけてチラシを作り、

お金をかけてチラシを配布したという

本末転倒(ほんまつてんとう)の結果になってしまいます。

 

お店や商品やサービスに

魅力があってのチラシです。

 

チラシは、

あなたの都合の良い媒体(ばいたい)ではありません。

 

あなたやお店や提供サービスの魅力を

最大限魅力的に伝える媒体(ばいたい)です。

 

以上

コメント: 0

まずは ご相談から!

はじめまして 新井です!
はじめまして 新井です!
チラシ ブログ

 

ページ:30.04.21.更新

ページ:29.08.27.追加

 トピックス動画

:29.10.09.追加 

見 本:27.10.10.追加

【営業時間】

・年中無休

 お盆.年末年始.GWを除く

・電話受付時間

 AM 9:00 ~ PM 8:00

チラシアシスタントの新井
チラシアシスタント

他 承りメニュー

各種印刷物のホームページです
ホームページ作成のページです
各種看板・ウインド広告のホームページです
弊社の総合案内サイトです
弊社の総合案内サイトです
中小零細企業.個人事業者向
中小零細企業.個人事業者向

設定1:28.09.04.更新

設定2:28.09.04.更新

29.03.Proに変更