お知らせのチラシなら手作りで!

 

チラシの印刷方法は幾(いく)つかありますが、

主に

 

  • 目的
  • 見てもらいたい対象
  • 作成枚数

 

で、どの印刷方法にするかを決めます。

 

このような電話のお問い合わせがありました。

 

お客様

内職をやってくれる人を募集したいので、

そのチラシを作りたい。

 

新聞折込にしますか、それともご自分で配布するんですか

 

お客様

近場にポスティングしようと思っている

 

何枚必用ですか?

 

お客様

400~500枚あればいいと考えている

 

このような話しのやり取りでした。

 

内職をやってくれる人の募集のチラシ印刷で、

枚数は400~500枚。

 

内容が内職の募集ならば、

チラシというよりもお知らせですし、

必用枚数が500枚ならば、

印刷会社のオフセット印刷機で

印刷するほどの枚数ではないのです。

 

また、集客目的のチラシならば、

見る人のこと考えて作るのですが、

お知らせならば、

お知らせしたい内容を

素直に分りやすく書いたものを

印刷すればいいことです。

 

お知らせのチラシなら手作りで
お知らせのチラシなら手作りで

 

印刷方法としては、

小部数の印刷を得意とするリソグラフ印刷、

枚数が500枚ならば、

コンビニのコピーでも

印刷業者のオフセット印刷よりも

安く上がります。

 

そして印刷業者に依頼すると、

上記の他に、

印刷のもととなる「版下」というものを

作成する必要があり、

これにまた料金がかかります。

 

手作りのチラシならば、

ご自分で作ったチラシを

そのまま印刷しますから、

この「版下」が必要ないので、

それだけでも安く上がります。

 

これがもし、

チラシを新聞折り込みを利用して配布するとなれば、

話しは変わります。

新聞折り込みをするならば、

3,000枚以上必要になります。

 

この枚数ならば、

印刷業者のオフセット印刷の方が、

安く上がります。

 

また、新聞折り込みを利用するのであれば、

みっともないチラシでは、

信用を落としますから、

チラシの出来栄(できば)えにも

気を使う必要があります。

手作りチラシに納得
オー なるほど~

 

このことを

お問い合わせ頂いた方に、

行動手順と、

リソグラフ印刷をやっているお店を

分りやすく丁寧にお話ししました。

 

最後に一言!

印刷に関することならば何でも

地元印刷業者に相談しましょう。

 

お客様にとって良い方法をアドバイスするのも、

我々印刷業者の仕事のうちです。

(ちょっとイイカッコし過ぎたかな~)

 

以上

コメント: 0

まずは挨拶 ご相談から!

はじめまして 新井です!
はじめまして 新井です!
宣伝広告のこと、ホームページのこと、看板のことも分かりますので、お聞き下さい。
チラシ ブログ

 ページ:30.04.21.更新

ページ:30.10.24.追加

 トピックス動画

:30.10.08.追加 

見 本:27.10.10.追加

【営業時間】

・年中無休

 お盆.年末年始.GWを除く

・電話受付時間

 AM 9:00 ~ PM 8:00

チラシアシスタントの新井
チラシアシスタント

他 承りメニュー

各種印刷物のホームページです
ホームページ作成のページです
各種看板・ウインド広告のホームページです
弊社の総合案内サイトです
弊社の総合案内サイトです
中小零細企業.個人事業者向
中小零細企業.個人事業者向

設定1:28.09.04.更新

設定2:28.09.04.更新

29.03.Proに変更